十分に資金を確保しよう

>

クラウドファンディングで資金調達

みんなが使っているサイト

まずは、クラウドファンディングができるサイトに登録しなければいけません。
サイトを見極めるコツは手数料が安いことや、たくさんの人が使っていることです。
あまり有名でないサイトに登録しても、情報を見てくれる人が少ないかもしれません。
目に留まることがなければ思うように出資されないと思います。

人気のサイトであれば相場ぐらいの手数料のことが多く、資金が減ることはありません。
中にはかなり高額な手数料を請求するサイトもあり、そこを使うと、せっかく出資されても手元に残る資金が少なくなります。
クラウドファンディングをした意味がなくなるので、適当にサイトを選ばないでください。
信用できることや、利用者が多いことなどの条件を満たすサイトがおすすめです。

自分で決めることが多い

目標金額やクラウドファンディングを実施する期間など、自分で決められることが多いです。
自由度が高いというのも、クラウドファンディングが人気の理由です。
クラウドファンディングはどちらかというと長期になりやすく短い期限を決めないように注意してください。
早く資金を得たくても、数週間では目標金額を達成できません。

達成できないまま期限を迎えるとクラウドファンディングは失敗し、これまでに出資された資金は、出資してくれた人に返金されるのがルールです。
そうならないよう、期限を長めに確保することを心がけましょう。
さらに興味を持ってくれる人を増やすため、行っている事業内容を詳しく説明ください。
事業が社会貢献になっていることを伝えると、出資してくれる人を増やしやすいです。


TOPへ戻る