十分に資金を確保しよう

>

返済しなくて良い面がメリット

大きなメリットを知ろう

個人事業主の中には、資金が足りなくなったら補助金や助成金を活用する人が見られます。
人気がある理由は、資金を返済しなくて良いという部分でしょう。
そのため何も負担に感じることなく資金調達を済ませ、会社の経営に集中できます。
補助金や助成金を使うためには、条件に一致していなければいけません。
しかし個人事業主が対象の補助金や助成金は意外と多いので、資金調達には困らないと思います。

また1つの補助金や助成金で受け取れる金額は少なくても、複数の制度を併用すれば問題を解消できます。
補助金や助成金について調べる時は条件や受け取れる金額、さらに他の制度と合わせて使えるのかという部分に注目していきましょう。
さらに、どこに申請すれば良いのかという部分も重要です。

申請できる期限が決まっている

せっかく自分が条件に一致する補助金や助成金を見つけたのに、期限を過ぎていたら申し込めないのでもったいないです。
そのため、使いたい補助金や助成金が見つかったらすぐ申し込んでください。
後回しにすると忘れて、期限を過ぎる危険性があります。
また実際に資金を得られるまで、長い時間が掛かる面がデメリットです。

様々な書類を提出して補助金や助成金を申請しますが、それから本当に条件を満たしているのか、真面目に事業を行っている人なのか詳しくチェックされます。
内容にもよりますが結果を言われるまで、1年近く待たなければいけません。
それを踏まえて、申し込むタイミングを考えましょう。
将来を見通して、早めに申請しておくのが賢い方法です。


TOPへ戻る