十分に資金を確保しよう

>

時と場合によって使い分けよう

時間がない時におすすめ

手軽なのが、金融機関から融資を受ける方法です。
対応が早い金融機関だと、申し込んでから数週間で資金を入手できます。
資金が全くなくて困っている人は、この方法を活用しましょう。
ただ金融機関によって、特徴が変わります。
審査に長い時間が掛かる金融機関も存在し、そこに申し込んだ場合は2か月ほどの時間が掛かります。

今すぐにまとまった資金を用意しなければいけない時は、間に合わないので金融機関の選択を間違えないでください。
さらに、融資を受けるためには審査を通過する必要があります。
返済の見込みがあると判断されなければ、審査を落とされると覚えておきましょう。
申し込む際に事業計画書や返済計画書を提出するので、丁寧に作成しましょう。

融資される際のデメリット

資金を金融機関から借りたら、返さなければいけません。
無理なくどのようなペースで返済するのか、事前に計画を考えましょう。
毎月このぐらい返済すると決めると、いつ頃完済するのか予想を立てやすいです。
1回でも返済が滞ると、自分の社会的な信頼を失います。

一度信用を失えば、これから再び資金が必要になる機会が訪れることがあっても、どこの金融機関からも融資を断られるでしょう。
資金調達が困難になるので、期限までに返済することを守ってください。
返済する金額が大きくならないよう金利が低い金融機関を利用したり、必要最低限の金額だけ申し込んだりすると良いでしょう。
特に金利が高い金融機関だと、少ない金額を借りても返済額が大きくなるので大変です。


TOPへ戻る